眉が薄くても毛がなくても大丈夫!上手なメイクで美眉を作ろう!

眉が薄くても毛がなくても大丈夫!上手なメイクで美眉を作ろう!

 

日頃から、眉毛の薄いことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

眉のメイクのトレンドや流行は時代によってかなり変わっていますが、今年も引き続き太眉やナチュラルが人気のスタイルですね!

 

美しい眉毛とは一般的に、小鼻または口角の延長線上に眉尻がある形とされています。また眉頭の位置は小鼻の延長線上に、眉の山は瞳のやや外側にもってくる形が美人眉毛の黄金比率と言われています。

 

眉毛が薄い人の整え方

 

では眉毛が元々薄い場合、どのように整えていけばよいのでしょうか。薄い眉の場合、整える方法としては毛を抜いたり剃ったりせずに、切って整えていきます。

 

まず眉の頭から眉山へ向かって、更に眉山から眉尻にかけてブラッシングしながら全体の毛の流れを整えていきます。毛の流れが整ったら、眉毛のラインからはみ出ている部分だけをカットしていきます。

 

指や眉毛専用のコームで押さえながら、少しずつ切っていくのがポイントです。毛を抜く部位は、左右の眉毛の間の毛や眉毛のかなり下に生えている毛だけにとどめて下さい。

 

眉頭に毛がない人の眉毛の整え方

 

中には眉毛が全くないという人もいるのではないでしょうか。毛が全くない場合、基本的にブラッシングのみ行います。

 

眉毛は1日0.15mmから0.27mm程度しか伸びません。つまり眉毛の生えるペースはとてもゆっくりなので、1度抜けた眉毛が十分に戻るまでにはかなりの時間がかかるのです。

 

生え始めは出てきた毛が気になりますがその毛を抜いてしまうと、不自然になったり更に生えてくるまでに時間がかかってしまいます。気になっても決して抜かずに、明らかに不自然な位置に生えている毛だけを抜くようにしましょう。

 

眉頭に毛がない人の眉毛のメイク方法

 

眉頭に毛がない人の場合、パウダーとウォータープルーフのリキッド、眉マスカラを使って眉毛のラインを書いたり全体の色を揃えることで綺麗な眉毛を描くことができます。

 

リキッドだけを使うと、しっかりとした線になり濃くなりすぎて不自然になってしまうので注意が必要です。

 

  1. まずブラシで毛並みを整え、パウダーを使って眉頭から眉山、眉山から眉尻までのアウトラインを薄く描きます。
  2. 次に髪の毛の色よりも少し明るめの色のパウダーで、先ほど書いたアウトラインの中を埋めていきます。
  3. その後、リキッドで眉の中央部分から眉尻に向かって、1本ずつ毛を足すように書いていきます。
  4. 次に眉毛用のマスカラを使って、眉尻から眉頭、眉頭から眉尻と左右両方向から色をつけて完成です。

 

しかし、お化粧が難しい場合には、眉ティントというアイテムを使う方法もあります。

 

眉ティントとは1度塗ると洗顔をしても落ちにくく、3日から7日程度持つアイブロウコスメの1つで、眉毛が薄い人にも全く毛がない人にも使うことができます。

 

また、眉毛用の育毛剤や眉毛美容液などを使用したり、しっかり生えてくるまでエクステでカバーするという手段もあります。

 

自眉を濃くする方法を知っておこう!

 

眉毛を濃くする方法|眉毛美容液なら3週間で生やす

 

薄眉をメイクでカバーする方法

 

外出時や人前に出る際には、日頃のお手入れだけでなくメイクでカバーする事もあるのではないでしょうか。その方法も紹介します。

 

まず眉毛の薄い人は、すっぴんの状態で遠くから見ると眉毛がないように見えてしまいます。

 

そのため薄い眉毛の人は、メイク道具で眉毛を書き足すことで太くしたり濃くしたりと調整することができるのです。

 

  1. 眉メイクにはパウダーとリキッドの2タイプを使い、色は髪の毛の色より少し明るめの色にすると自然な眉が書けます。
  2. まずメイクをする前にブラシで眉毛を整えておき、パウダーの明るめの色をブラシにとって、眉頭の上下に薄くアウトラインを描きます。
  3. 次に眉を上げた時に出てくるラインに沿って眉山を作り、眉山の形をとったらそのまま眉尻までゆっくり線を引いていきます。
  4. 次に全体の色が髪の毛の色よりも1トーンほど明るくなるように、パウダーを混ぜてブラシに乗せて全体を埋めていきます。
  5. 左右や眉毛自体のバランスをみて、毛の足りない部分はリキッドで1本ずつ足していき眉尻をリキッドを使って整えれば完成です。
  6. また眉毛のマスカラを使うと、色や毛並みを整えたりより立体感を出すことができます。

 

日頃から正しい方法で眉毛を整えて、更にメイクやアイテムを使うことで、コンプレックスを和らげることができるのではないでしょうか。