手術で眉毛を濃くする

遺伝で眉毛が薄いと悩む女性の中で、美容クリニックや美容皮膚科での手術を考えている方は少なからずいるのではないでしょうか。

 

現在では医療の発達により、体毛を眉毛へと移植して増やして見た目のイメージを改善できるようになりました。

 

眉毛の植毛手術は、次の2種類に大きく分けることができます。

 

人工毛植毛⇒ナイロンや塩化ビニルで作られた人工毛を眉毛の薄い部分へと移植する
自毛植毛⇒体毛を毛根ごと採取し、針(ニードル)などを使って眉毛へと移植する

 

眉毛の美容液や育毛剤は、直接塗布しても100%確実な効果を得ることはできません。

 

効果に関しては個人差がありますが、眉毛を植毛する手術はほぼ確実な効果が得られますので、「遺伝で眉毛が薄い」「事故で眉毛の一部を失ってしまった」という女性が受けていますよ。

 

手術で眉毛を増やすデメリットに注意!

 

手術で眉毛を確実に増やせると聞き、私にピッタリの方法なのではないかと昔は考えていました。

 

確かに、確実に眉毛を生やして見た目のイメージを変えられるのは嬉しいポイントでも、手術には次のデメリットがありますので注意すべきです。

 

  • ○○本で○○万円という料金設定になっていて、保険が適用されないので40万円〜70万円と高額な費用を支払わなければならない
  • 人工毛を眉毛へと移植する方法だと拒絶反応のリスクがあり、炎症を起こしたり感染症を患ったりとトラブルの可能性がある
  • 人工毛植毛の寿命は2年間程度と非常に短く、理想の眉毛を長期間に渡ってキープしたいのであれば定期的なメンテナンスが必要
  • 自毛植毛は自分の眉毛として半永久的に伸び続けてくれる代わりに、後頭部の髪の毛を使う場合は小まめなカットで調整が必要となる
  • 眉毛へと移植した部分に傷跡が形成されるリスクがあり、顔全体のイメージが崩れる心配がある

 

金銭的な負担だけではなく、後遺症や副作用のリスクがありますので危険ですね。

 

クリニック選びさえ間違っていなければ大きな医療事故に繋がることはないものの、せっかく植えて生やすことができても定着率が悪くて抜け落ちてしまっては意味がありません。

 

費用対効果が良くないのが眉毛の植毛手術の大きなデメリットですので、リスクなく眉毛の薄さを改善したいと考えている女性には美容液のマユライズがおすすめです。

 

仮に植毛手術を受ける予定でも、最初にマユライズで改善できるのか試す価値は大いにあるのではないでしょうか。

 

薄眉対策と美容の促進をダブルでサポートしてくれる美容液ですので、どんなケアを行えば良いのか分からない女性はマユライズを使ってみてください。

 

→マユライズの公式サイトはコチラ