ミクロゲンパスタは髭や眉毛に効果あり!口コミと通販

ミクロゲンパスタの画像

 

みんなも意外と気にしてる?体毛の悩み

 

頭頂部は薄いのに他の体毛は剛毛って中年男性、いますよね。髪も体毛も同じ「毛」なのに、どうしてこんなに違うのって思いませんか?これは、主に性ホルモンの違いに因ると考えられています。そして、この違いに着目したのが「ミクロゲンパスタ」という商品なんです!

 

しかも「増やそう!」と考えたのが、髪ではなくて「体毛」の方(笑)。薄くなった女性の「眉毛」や、なかなか伸びない「ヒゲ」を濃くするのが、主な目的なんですね。また中にはアンダーヘアが薄くて悩んでる人もいて、このような方にもおススメの商品です。今回は、多くの方が抱える「体毛」の悩みについて、解説したいと思います!

 

頭は薄いのに体毛は濃いのって、何で??

 

私より5歳年上の夫も、アラフォーを目前にして頭頂部が薄くなってきた感じ。けど体毛は濃くて、胸毛とかすね毛はモシャモシャなんです。髪と胸毛が逆なら良かったのに、なんて思うこともしばしばです(笑)。

 

ホルモンの違い

 

頭髪と他の体毛の現れ方が全く違うのは、それぞれの毛の生育に関わっている「性ホルモン」が違うから。基本的に、女性ホルモンは髪に、男性ホルモンは体毛に影響しています。

 

頭髪に関しては、通常男性よりも女性の方が薄毛になりにくいですよね。これは、女性には「女性ホルモン」が多いからなんです。逆に髪以外の体毛が濃いのは、男性の方。男性ホルモンが多いと、体全体が毛深くなるんですね。

 

体毛のカギを握る「男性ホルモン」

男性ホルモンにも色々な種類があって、テストステロンやジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどに分けられます。中でも全体の約9割を占めるのが、テストステロン。ムキムキした筋肉や力強さ、リーダーシップなどのいわゆる「男らしさ」は、このテストステロンが決定していると考えられています。

 

激しい競争社会をタフに生き抜く上で、テストステロンはとても重要なホルモンと言えるのです。

 

ただ一方で、このテストステロンは「ハゲ」の原因でもあるんですね。テストステロンは5α還元酵素という物質の働きによって「ジヒドロテストステロン」に変わるのですが、これが髪の成長を妨げているのです。

 

だから薄毛のAGA治療薬には、この5α還元酵素の働きを抑制する成分が使われていたりします。

 

ミクロゲンパスタは「体毛」専門の医薬品

このようにジヒドロテストステロンは髪の成長を邪魔しているのですが、不思議なことに、他の体毛については成長を促進させるという特徴を持っています。

 

人によってその現れ方に差があるのですが、詳しいメカニズムは未だよく分かっていません。ともあれ、男性ホルモンに体毛を育てる効果があるのは確かなので、ミクロゲンパスタはこの点に注目したってことなんですね。

 

例えば口の周りに男性ホルモンが足りなければ、ミクロゲンパスタを塗って補い、ヒゲを伸ばしましょうって発想です。だから、ミクロゲンパスタは「体毛」に特化した育毛剤だと言えます。

 

しかも第1類医薬品。医薬品は、厚生労働省からその品質や安全性、有効性を認められなければ名乗ってはいけない商品ですから、信用性が高いんです。

 

第一類医薬品について詳しくはこちら

 

医薬品の販売制度 |厚生労働省

 

「眉毛」の悩みは男女共通?!

ヒゲを伸ばしたい!ってのは男性特有のものですが、「眉毛の薄さ」という問題は、男女に共通した悩みではないでしょうか。元々眉毛が薄いって方もいらっしゃるでしょうし、若い頃つい眉毛を抜きすぎて、後悔してるってケースもあるようです。

 

女性の薄眉事情

 

特に最近は「太眉」ブームですからね。芸能人で言えば石原さとみさんや早見あかりさんがそうですが、眉が太いと目元が映えるし、表情も優しく見えます。もちろんメイクでごまかすことはできますが、自眉が少ないとボリュームが出ませんし、メイクに時間がかかるのですごく面倒です。

 

品川区にある化粧品メーカー「クオレ」が実施した調査によると、10〜60代女性の約半数が「毎日眉を描くのが面倒」「眉が薄いのですっぴんになれない」と悩んでいるとのこと。眉毛は、世代を超えた美容のテーマなのですね。

 

最近は男性も太眉指向?!

これは男性もしかりです。眉が薄くて細いとヤンキーっぽくなるし、相手に軽薄な印象を与えやすいことから、仕事などで悪い影響を及ぼしかねません。中央区にある眉毛サロン「ビューズ」のアンケート結果によると、男性にとって理想的な眉毛は「直線的で、濃く、太く、長めの“ナチュラルすっきり眉”」なのだそう。

 

また男性の約7割が「過去に眉毛処理で失敗した」と答えていて、眉毛に対する美意識の高さがうかがえます。眉毛の悩みは、もはや女性の専売特許ではないようで。

 

 

アンダーヘアが薄くて悩む方も…

 

アンダーヘアが薄くて悩んでいる方もいます。陰毛が薄いくらい別に気にしなくても良いように思いますが、友人と銭湯に行ったときとか、パートナーに変に見られて、恥ずかしいのだとか。

 

今はアンダーヘア専用のウィッグもあるくらいですからね。ミクロゲンパスタは、このような方にも発毛の効果が期待できるので、おススメです。

 

アンダーヘアも体毛の一つなので、男性ホルモンが少ないと、薄くなる傾向があるんですね。加齢で薄くなることもあるそうですが、やはり遺伝的なファクターが一番大きいのではないかと言われています。

ミクロゲンパスタの気になる成分とは?その効果と口コミについて解説!

 

ミクロゲンパスタは、男性ホルモンを補って「体毛」の生育を促す育毛剤。だから、主な成分は「テストステロン」です。ここでは、体毛が生育するメカニズムについて説明した上で、ミクロゲンパスタに含まれる全成分をご紹介します。

 

それと、ミクロゲンパスタの実際の効果や評判も気になるところだと思います。販売元の見解やネット上の口コミを調べてみましたので、こちらも要チェックです!

 

体毛が生育するメカニズムとは?

 

そもそも、体毛ってどのようにして生えているのでしょうか?

 

まず、髪の毛と体毛では、作用するホルモンに大きな違いがあります。体毛を濃くしているのは、ズバリ「男性ホルモン」です(※この辺の詳細は、コチラの記事で解説しています⇒「みんなも意外と気にしてる?体毛の悩み」)。

 

そしてこの男性ホルモンが、体毛の根っこにある毛母細胞に働きかけて、細胞分裂を促しているんです。細胞分裂が行われない限り新しい毛は生えてきませんから、毛母細胞がちゃんと生きてるってことが発毛の大前提になります。

 

また体毛が生育するのに必要なものは、男性ホルモンだけではありません。体毛の主成分であるタンパク質や、成長をサポートする各種ミネラル・ビタミンなどの栄養素も大事です。
この「栄養補給」という方法を取っているのが、育毛サプリメントなどの健康食品ってことになりますね。

 

だからミクロゲンパスタとサプリを併用して「ホルモン」と「栄養」の2つのアプローチから体毛を育てると、より一層効果が期待できます。

 

ミクロゲンパスタの全成分がコレ!

 

次に、ミクロゲンパスタの気になる成分をご紹介しましょう。まずは主成分ですが、次の2つです。

 

  • メチルテストステロン:10r(ミクロゲンパスタ1g当たり)
  • プロピオン酸テストステロン:5r(ミクロゲンパスタ1g当たり)

 

さらに添加物として、以下の成分があります。

 

ステアリルアルコール、プロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸グリセリン、パラベン、ワセリン、コレステロール、感光素301号、香料

 

主成分は2つの「男性ホルモン」!

 

それでは、主成分となる2つの男性ホルモン(テストステロン)について、詳しく見ていきましょう。

 

・メチルテストステロン

メチルテストステロンは、男性ホルモンの主成分となる「テストステロン」のメチル誘導体です。テストステロンをそのまま使うと、効き目が持続しなかったり体内で働きが弱まったりするために、開発が進められた結果、このような化合物という形を取っているのだそうです。

 

ただ作用としては、本来のテストステロンとほぼ同じ働きをします。

 

だからメチルテストステロンは、経口タイプのホルモン剤(医薬品)としても広く利用されているところです。男性ホルモンの分泌は20代後半くらいから激減する傾向にあるので、メチルテストステロンを補うことで、精力増進や筋力増強の効果があるんですね。

 

・プロピオン酸テストステロン

メチルテストステロンのようにテストステロンと似た構造の成分はたくさん作られていて、総称して「ステロイド系ホルモン」と呼ばれます。

 

プロピオン酸テストステロンもその一種。

メチルテストステロンと同様に、ヒゲや陰毛が濃くなる「男性の二次性徴の促進」作用が含まれるので、体毛の育毛剤として有効なのですね。

 

ミクロゲンパスタで期待できる効果とは?

 

では実際のところ、ミクロゲンパスタを使ってどれくらいの効果が期待できるのでしょうか?販売元の説明と、ネット上の口コミから探っていきましょう!

 

・販売元(啓芳堂製薬)の説明によると…

ミクロゲンパスタのHPに記載されている効能は、「男女両性の無毛症、貧毛症、(顔面、胸部、四肢、腋下、恥部の発毛促進と育毛)」です。

 

また販売元の説明によれば、早い方だと1か月くらいで発毛効果が現れるとのこと。
継続使用は3か月くらいを一応の目安にして、それでも効果が現れない場合は、以降の使用を強くお勧めできないってことでした。

 

眉毛の状態にもよるので一概には言えませんが、眉毛を抜いた時に毛根を激しく傷付けてしまっていると、効果が現れにくい傾向にあるそうです。

 

・口コミから分かる効果

ネット上の口コミは意外と少なかったのですが、コスメ・美容の総合サイト「アットコスメ」に色んなコメントがあったので、いくつか紹介しますね。

 

〇今まで眉毛美容液を数種類試してきたのですが、全く効果がありませんでした。けどミクロゲンパスタを使い始めてから2、3か月後くらいして、だんだん眉頭に毛が生えてきたんです!そろそろ1本目が使い切りそうなので、2本目も使おうと思っています。(25歳/女性)

 

〇眉毛が薄いので、スッピンに困って購入しました。3か月くらい使えば効果が出てくるらしいですが、1か月経った今、毎日塗ってたわけではないのに少しずつ密度と太さに変化が見られます!(22歳/女性)

 

〇元々眉毛が薄いので、もっと濃くしたくて購入。2種類の男性ホルモン入りとか書かれてたけど、オッサンの育毛剤みたいな臭いがしてクサイ!1週間ほど使って、「少し濃くなったかな?」って程度。(22歳/女性)

 

〇目と眉の幅が広いので、その間を狭めるために購入しました。使い始めてからもう半年が経過しましたが、産毛すら生えてきません。他の発毛剤を試してみます…。(22歳/女性)

 

以上、良い口コミと悪い口コミを2つずつご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか
他の口コミも含めて感じたことは、「少なくとも1か月は使わないと、効果のほどは分からない」ってことでした。

 

あと、3か月使ってダメなら諦めて、サッサと他の方法にシフトした方が良いです。半年とか1年経って効果が出始めたってコメント、まず無かったので。ご購入にあたって、少しでも参考になれば幸いです。

 

ミクロゲンパスタの副作用・値段・購入方法をまとめてみました!

 

ミクロゲンパスタの使い方はカンタン!1日に1?2回、小豆くらいの適量を指に取って、体毛を生やしたい部分に塗るだけ。

 

眉毛の場合は、眉頭から眉尻に向けて、軽くすり込む感じで。ヒゲや胸毛の場合は、その広さに応じて量を調節し、指先で良くのばすように。アンダーヘアであれば、粘膜部分に付けないよう注意して、下腹部にすり込む要領で。

 

こんな風に手軽に使えるミクロゲンパスタですが、医薬品である以上、副作用の問題には注意しなければなりません。今回は、この副作用の他、ミクロゲンパスタの気になる値段や購入方法をまとめてみました。

 

副作用に注意!ミクロゲンパスタは医薬品です

 

医薬部外品や健康食品と違って、医薬品は副作用のある場合が多いです。ミクロゲンパスタは医薬品なので、購入する前に、必ず薬剤師等から詳しい説明を受けるようにしてくださいね。

 

・ミクロゲンパスタは、ホルモンに作用する医薬品

また、ミクロゲンパスタは主成分が「男性ホルモン」という、かなり特殊な育毛剤。生殖機能に何らかの問題がある方や妊婦の方、アレルギー体質の方などは、原則として使用できません。

 

この他、授乳中の女性や15歳未満の子ども、円形脱毛症の方、睡眠時無呼吸症候群に罹っている方なども使用NGです。

 

・こんな症状が出たら使用中止

さらに、使用中に次のような症状が出たら、直ちに使用を中止しなければなりません。

 

  • ミクロゲンパスタを塗った部分に、発疹やはれ、かぶれ、かゆみなどの皮膚トラブルが起きた場合
  • 前立腺検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上だった場合
  • 月経異常あるいは変声など、男性化の兆候が見られた場合
  • その他何らかの違和感がある場合

 

またご自身では分からなかったり判断が付かない場合は、何となくウヤムヤにするのではなく、担当の医師または薬剤師に必ず相談してください。

 

ミクロゲンパスタの内容量は3パターン!

 

ミクロゲンパスタは、6g、12g、30gの3種類があります。いずれもチューブ式で、指で本体を押すと、中身がクリーム状になって出てきます。

 

・6g入りタイプ

これが一番小さいタイプですね。しぼり出し口が小さいので、眉毛などの狭い場所に使いやすく、便利です。
眉毛だけに使うのであれば、毎日使ったとして、これ1本で大体2か月くらい持ちます。

 

希望小売価格は、税込みで842円。2か月で使い切ったとして、1日当たりのコストは14円程度。コストパフォーマンスに関しては、抜群に高いと言っていいのではないでしょうか。

 

・12g入りタイプ

次に内容量が多い12g入りタイプは、6g入りタイプが2本セットになったもの。
眉毛とヒゲの両方に使いたい場合や、やや長いスパンで効果を見極めたいって方におススメのタイプです。

 

希望小売価格は、税込みで1,576円。6g入りタイプを2本買うよりは、100円ちょっとおトクになりますね。

 

・30g入りタイプ

このタイプだけ、大きさが違います。内容量は6g入りタイプの5倍なので、かなり大きいサイズです。しぼり出し口も大きいため、胸毛など面積の広い部分に塗る際に便利です。

 

希望小売価格は、税込みで3,186円。6g入りタイプを5本買うよりは、1,000円くらいおトクです。ただ眉毛だけに使うのであれば、この30g入りタイプはお勧めしません。内容量が多すぎますし、何より使いにくいですから。

 

ミクロゲンパスタの購入方法

 

次に購入方法ですが、原則として「店頭購入」です。またミクロゲンパスタは医薬品なので、ご近所の薬局やドラッグストア、デパートの薬品部等で購入できます。

 

購入の際は、薬局等に常駐している薬剤師から、必ず商品の説明を受けてくださいね。もし商品の展示が無いのであれば、取り寄せることも可能です。

 

店頭購入が原則と申しましたが、楽天やAmazonなどのネット販売でも入手できます。ただ「医薬品」という商品の性格上、薬剤師と対面せずに購入・使用するのは、かなりリスクが大きいです。値段も店頭より安く手に入ることが多いですが、それでもお勧めはできません。

 

ミクロゲンパスタの販売元、啓芳堂製薬とは?

 

最後に、ミクロゲンパスタの販売元「啓芳堂製薬」について触れておきましょう。

 

啓芳堂の創業は、今から80年以上も前の1935年。当時から、まつ毛カール器や養毛剤、脱毛剤などを販売していたそうです。業績も好調だったらしいのですが、戦争で一変。東京大空襲で財産のほとんどを失ったとのことです。

 

その後1953年に「啓芳堂製薬」として再出発。このとき発売した商品の一つが、「ミクロゲンパスタ」なんですね。特に宣伝には力を入れたようで、テレビ創成期の時代に「眉毛美容」の生コマーシャルを行ったというのですから驚きです!

 

さすがは体毛育毛のパイオニア。啓芳堂製薬って、スゴイ歴史を持っていたんですね。