眉毛を生やすのに病院

眉毛を生やすのに病院に行った方がよいケースとは?

眉毛が薄いことを気にしている人は多いようですが、薄毛が遺伝や眉毛の抜きすぎだけではなく、病気が原因のこともあります。
不安な場合は、専門の機関を訪れて、的確な治療を受けることが大事です。

 

また、遺伝的に薄い眉毛や過去に抜きすぎて薄くなってしまった眉は、あわてて病院に行かなくても、生活習慣を見直したり自分に合った眉毛の育毛剤を用いることで、眉毛を濃くすることも可能です。

 

眉毛が薄くなる主な病気とは?

 

・脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、頭や顔、ワキの下、股などの毛の生えるところの皮脂の分泌が盛んな部分に起こる皮膚炎です。
角質層が薄いフケのようになって、はがれ落ちるのが特徴で、患部の脱毛がみられることもあります。
皮膚科を受診すると、ほとんどステロイド剤の外用薬での治療が多いようです。

 

・アトピー性皮膚炎

激しいかゆみのある湿疹が顔にできた場合、無意識に掻きむしって、眉毛が抜けてしまうことがあります。
アトピー性皮膚炎は体質にも関係しており、家族にアレルギー体質の人がいる場合は、アトピー性皮膚炎になりやすいようです。
発症のきっかけは、食べ物や花粉、家ダニなど様々ですが、ストレスもかなり関係しています。
眉毛が抜ける原因がアトピー性皮膚炎の場合は、脂漏性皮膚炎と同じようにステロイド剤を用いることが多いようです。

 

・円形脱毛症

円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患のひとつで、免疫による防衛機能が誤って毛包を攻撃してしまうことから起こりますが、眉毛も同じように抜け落ちることがあります。
眉毛の数ヵ所にポツポツと脱毛がおこったり、ひどい場合は眉毛全体が抜けてしまう場合もあります。
原因はストレスやホルモンバランスの乱れなどと言われていますが、特定はできません。
治療としては、免疫賦活作用のある内服液と血管拡張作用のある外用剤やステロイド剤を用いることが多いようです。

 

・甲状腺の機能低下

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの合成や分泌が低下して、体がだるくなったり、筋肉の低下や喉頭(こうとう)のむくみなどの症状が現れると同時に、体毛が生えてこなくなることがあります。
原因は、病気による新陳代謝の低下からなので、眉毛を生やすには、まず病院を受診し、甲状腺の機能を整える治療をおこないましょう。

 

・糖尿病

糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気ですが、高血糖値が続くと様々な症状が現れます。皮膚の感染症や痒みなどもその一つですが、毛母細胞もダメージを受け眉毛も抜け落ちてきます。

 

生まれつき眉毛が薄い場合は、病院での治療で眉毛を生やすことができるの?

 

遺伝的なもので眉毛が薄い場合は、病院に行っても大幅に改善することは無理なようです。
なぜ眉毛の量を増やすことが難しかというと、毛穴の数は生まれつき決まっているからです。
むしろ個性と受け止めて、毛穴の量が増やせないなら、育毛に力を入れた方が良いようです。育毛とは、しっかり栄養や睡眠をとって眉毛を抜けにくくし、1本1本を太くすることです。
毛穴の量が多くても少なくても、古い眉毛は寿命がくると抜け落ちますが、眉毛の美容液などを用いることで、発毛や育毛が促進されます。
病気が原因で眉毛が薄くなる場合は、病院にかかる必要がありますが、遺伝的に毛穴の数が少ない場合は、眉毛を濃くす方法を取り入れたセルフケアが適しています。

 

育毛の方法は、十分な栄養と運動を生活にとりいれて血行を良くし、睡眠をしっかりとることです。その補助として眉毛専用の美容液などを使うとよいでしょう。

 

怪我の影響で眉毛の一部が脱毛したまま生えてこないなどといった場合は、髪の毛と同じように、眉毛も植毛手術を受ける方法もあります。

 

眉毛の植毛は繊細な技術が必要なため、信頼できる病院でカウンセリングを受け、納得してからおこなうようにしましょう。

 

眉毛を抜きすぎてなくなってしまった場合は、病院で眉毛を生やすことができるの?

 

以前、細眉が流行したときに抜きすぎて薄くなってしまったまま、生えてこないといった悩みを持つ人も多いようですが、毛根は意外と丈夫で条件次第で生えてきます。
全身脱毛をしても、繰り返し行わないと完全に脱毛できないということは、毛根は本来強いものなのです。
眉毛は、毛根に適切な眉毛美容液を与えるだけで、もとの状態近くまで生やすことができます。

 

・抜毛症について

抜毛症(トリコチロマニア)は、眉毛やまつ毛、毛髪、陰毛などを無意識に抜いてしまう行為障害のことで、抜毛壁とも言われます。
この病気は、原因や症状が様々ですが、精神的なストレスが関わっていることが多いので、
専門の病院で相談すると良いでしょう。

 

まとめ

 

眉毛がなくなったり生えてこなかったりする現象の裏に、病気がひそんでいる場合もあるので、不安な場合は専門の機関で調べてもらう必要があります。

 

しかし遺伝的に眉毛が薄い場合や、抜きすぎて薄くなった場合は、まずは眉毛美容液などを用いて様子を見てはどうでしょうか。