眉毛を濃くする方法6選

眉毛が薄くなる原因はこれだ!

眉毛の悩み

 

私と同じように、眉毛の薄さで悩んでいる方は実に多いのではないでしょうか。

 

  • 細い眉毛が流行っていた時代に毛抜きを使って抜きすぎていた
  • 毛根へとダメージが加わって生えてこなくなってしまった
  • 近くのスーパーへとすっぴんで買い物に行くと周りの人に怖い印象を与えてしまう
  • 自分ではそんな気はなくても無愛想に見られてしまう

 

こんな悩みを抱えていて、メイク無しでは外を歩くことができませんよね・・・

 

毛抜きを使って抜いたりカミソリで剃ったりするのは眉毛が薄くなる大きな原因で、生えてから抜け落ちるまでのサイクルが乱れたり毛根へとダメージが加わったりするのが理由です。

 

毛抜きを使ってプチプチと抜いていた頃は、「眉毛に刺激が加わっている」なんてことは全く考えていませんでした。

 

薄くなって生えてこない眉毛を鏡で見ている度に、「失敗した・・・」「抜かなければ良かった・・・」と後悔しています。

 

眉毛を抜いたり剃ったりする以外にも、次のように薄くなる原因は様々です。

 

まずはチェック!眉毛が薄くなる原因9つ

 

  • 食事制限を伴う極端なダイエットを続けていて、眉毛を生やすのに必要なタンパク質やビタミンB群などの栄養素が不足している
  • 体毛の生成や色素細胞と深く関わっている甲状腺ホルモンのバランスが崩れている(持病で甲状腺の機能が低下している)
  • 更年期障害による影響でホルモンバランスが崩れていて、眉毛の成長に何かしらの支障が出ている
  • 肩こりや運動不足、冷え性による影響で血行不良へと陥り、眉毛の成長に欠かせない栄養素が行き渡っていない
  • 精神的なストレスが引き金となって自己免疫疾患の円形脱毛症を発症し、髪の毛だけではなく眉毛も同時に抜け落ちている
  • アトピー性皮膚炎による影響で皮膚のかゆみが悪化し、掻き毟ることで眉毛の毛穴にダメージが加わっている
  • 肌の乾燥で外部の刺激から守っているバリア機能が低下し、かゆみや炎症が引き起こされて毛根が損傷している
  • 洗顔のやりすぎで肌へと潤いを与える皮脂まで洗い流してしまい、地肌の自然治癒力が低下している
  • 毎日の洗顔やクレンジングが不十分で、マスカラなどメイクの成分が毛穴に詰まって成長が阻害されている

 

「自分は眉毛を抜いていないから大丈夫」と考えている女性でも、不規則な生活習慣が引き金となって眉毛が薄くなったり生えにくくなったりしますので気をつけなければなりませんね。

眉毛を濃くするに当たって今直ぐに取り組みたい方法をチェック!

眉毛を抜いて薄くなった状態を鏡で見て、私は次のように考えていました。

 

  • 昔抜きすぎてしまった眉毛は再度生えてくることがない
  • 薄い眉毛を対策する方法としてエクステやアートメイクしかない
  • 眉毛はメイクで何とかなるのではと考えている

 

しかし、生活習慣や眉毛のケアに問題があって薄くなってしまっても、眉毛を濃くする方法は意外とたくさんあると調べていて分かったのです。

 

メイクで描けば眉毛を濃く見せられるものの、自眉毛がある女性と比べてみると立体感が出ずに不自然な印象を与えてしまいますよね。

 

そこで、以下では眉毛を濃くするために今直ぐに取り組める方法を幾つか挙げてみました。

 

サロンやクリニックへと通わなくても自宅でのセルフケアで眉毛の状態を変えることは十分にできますので、皆さんも自分に合った方法を探してみてください。

 

メイク汚れをきちんと落とす

化粧品の画像

 

眉毛を濃く太く育てるに当たり、メイク汚れをきちんと落とすのは大事ですよ。

 

私は眉毛を描いて自然な仕上がりにするために、リキッドアイライナーやアイブロウパウダーを使っていました。

 

  1. 眉頭は線を引かずにあけて眉毛の形を決める
  2. 輪郭の中をアイブローパウダーで塗布する
  3. リキッドアイライナーで1本1本眉毛を描く

 

上記のような方法で眉毛を描くメイクをしていると、自然な印象の眉毛を手に入れることができます。

 

しかし、1日の終わりにメイク汚れをしっかりと落とせていないと、毛穴の中に詰まって眉毛の成長が阻害されやすいので注意しなければなりません。

 

中でもウォータープルーフタイプの化粧品は水に強いため、念入りに落として眉毛の成長が損なわれないようにすべきですね。

 

直ぐに眉毛を濃くしたり増やしたりすることはできなくても、今よりも薄くならないように眉毛の上から洗顔やクレンジングをして毛穴の汚れをスッキリと落としましょう。

 

眉毛を生やす美容液を使用する

マユライズの画像

 

眉毛の一部分が生えてこなくなっても、眉毛を生やす美容液を使ってケアを行っていれば濃くすることはできますよ。

 

ドラッグストアやネット通販では、眉毛専用の美容液が販売されていました。

 

最近は太眉がメイクのブームだからこそ、眉毛が薄いと悩む女性のために様々なアイテムが登場しているのではないでしょうか。

 

美容液を眉毛へと塗布するだけで、なぜ濃くしたり生やしたりできるのか幾つかの理由を挙げてみました。

 

  • ヘアサイクルの乱れを抑えたり毛包組織の形成を維持したりする有効成分が含まれている
  • 美容成分や有効成分が根元からハリやコシのある状態へと促すサポートをしてくれる
  • 眉周辺の血行を促したり毛乳頭のケアを促したりして発毛を外側から促進できる

 

眉毛の成長に欠かせない成分や植物エキスが多く、たっぷりと栄養素が行き届いてナチュラルにボリュームアップできるメカニズムですね。

 

製品の種類によって得られる効果や配合されている成分には違いがありますが、「眉1本1本が太くなってきた」「ボリュームアップに成功して濃くなった」といった口コミを残している女性は増えています。

 

私も眉毛美容液のマユライズを使用し、以前からコンプレックスだった眉毛の薄さを改善することができました。

 

眉毛を濃くする美容液の中でもマユライズは人気で、顧客満足度が94.1%と高い数値を残しているのが何よりの証拠です。

 

他の製品とは異なり、マユライズにどんな特徴があるのか幾つか見ていきましょう。

 

  • たまごの力の加水分解卵殻膜による効果でナチュラルな眉毛を手に入れられる
  • オタネニンジンエキスとビワ葉エキスのダブルの作用で美眉をサポートしてくれる
  • 毎日続けるスキンケア用品だからこそ1回当たり78.8円とコスパが非常に良い
  • 1日当たりたった2回のケアで、適量の美容液を洗顔後やお風呂上がり後に塗布するだけで良い
  • 敏感肌や乾燥肌で悩んでいる女性のために、合成香料や着色料を含まない無添加に仕上げている

 

眉毛やまつ毛へと使用できるマユライズは、私と同じように「眉毛が薄くて濃くならない」「眉毛が生えてこない部分がある」「すっぴんの顔が違いすぎる」「毎朝眉毛を描く時間がない」と悩む女性にピッタリですよ。

 

初回モニターコースのトクトクコースへと加入すれば初回に限り89%OFFの980円と格安の料金で購入できますので、詳細はマユライズの公式ホームページで確認してみてください。

 

眉毛周辺の皮膚が乾燥しないように保湿する

眉毛と保湿

 

頬や顎と同じように、眉毛周辺の皮膚が乾燥しないように保湿ケアを行うのは大事です。

 

眉毛がカサカサと乾燥すると薄くなりやすく、そのメカニズムを簡単にまとめてみました。

 

  1. 敏感肌や乾燥肌の人は眉毛周辺の皮膚がカサカサの状態になりやすい
  2. 肌のバリア機能が崩れてかゆみや赤みなどの炎症が起こりやすくなる
  3. かゆみを我慢できずに掻き毟ると毛根へとダメージが加わる
  4. 眉毛の成長に何かしらの支障が出て薄くなったり抜け落ちたりする

 

上記で紹介した眉毛美容液やローションを使い、肌の保湿を意識的に行っていればだんだんと濃くなっていきます。

 

ニキビや吹き出物など、別の肌トラブルを未然に防ぐためにも保湿ケアはとても重要ですね。

 

また、化粧水や美容液などのスキンケア用品を意識的に使うだけではなく、洗顔料やクレンジング剤の選び方にも十分に気を配った方が良いでしょう。

 

「メイク汚れを落とさなければ・・・」とあまりにも強い洗浄力の洗顔料やクレンジング剤を使っていると、肌を外部の刺激から保護している皮脂まで取り除かれて乾燥が一気に進みます。

 

そのため、肌に優しいミルクやジェルタイプのクレンジング剤を選び、ゴシゴシと擦らないように洗って汚れを落としましょう。

 

眉毛の成長と関係する栄養素をバランス良く摂取する

眉毛と栄養素

 

自宅でのセルフケアで眉毛を濃くするに当たり、外側からだけではなく身体の内側からのケアも同時に行わなければなりません。

 

私も最初は眉毛の美容液や育毛剤を塗っているだけで良いのではと考えていましたが、効果の半減を防ぐには眉毛の成長と関係する栄養素をバランス良く摂取するのが大事だと気付きましたよ。

 

  • 美容液を使って外側から有効成分を届ける
  • 食生活を見直して内側から栄養素を届ける

 

この2つの対策を併用すれば、眉毛の成長が促されて自然な形でボリュームアップができます。

 

具体的にどんな栄養素を毎日の食生活の中で摂取すれば良いのか見ていきましょう。

 

  • タンパク質:大豆製品や肉類など様々な食べ物の中に含まれている栄養素で、体内から不足すると抜け毛や肌荒れの症状が悪化しやすくなる
  • ビタミンB2:レバーや牛乳に多く、薄い眉毛を濃く太く育てる育毛のサポートを身体の内側から行ってくれる
  • ビタミンB6:魚介類やニンニクなどの食べ物の中に含まれていて、新陳代謝を促したり皮膚を正常な状態でキープしたりする
  • ビタミンE:血流を良くして血行不良を改善する効果を持ち、太い眉毛を育てる他の栄養素を毛乳頭や毛母細胞へと行き渡りやすくする
  • 亜鉛:髪の毛や眉毛の主成分の大半を占めているケラチンの合成に関わるミネラルで、牡蠣やレバーの中に多く含まれている
  • 鉄分:野菜類や魚介類に多く、体内から不足すると血液が酸素や栄養素を十分に運べなくなって貧血のリスクが高くなる

 

眉毛を濃くするには、「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」といった栄養素をバランス良く取り入れるのが大事ですね。

 

どれか一つの食べ物を食べ続けていても即効性のある効果は期待できないので、焦らずにゆっくりと日々の食生活を見直してみてください。

 

まぶたを温めて血行を良くする

眉毛と血行

 

眉毛を自宅で濃くする方法として、まぶたを温めて血行を良くするのも効果的です。

 

私は冷え性で血行不良になりやすい体質でしたので、ホットアイマスクや蒸しタオルを使ってまぶたをジワジワと温めていました。

 

まぶたを温めることでなぜ眉毛が濃くなったりボリュームアップしたりするのか、詳しい理由について見ていきましょう。

 

  1. ホットアイマスクや蒸しタオルをまぶたの上に被せて温める
  2. まぶた周辺の血行が良くなって眉毛にも栄養素や酸素が行き届く
  3. 眉毛の毛根から毛先まで栄養素が行き届いて成長が促される

 

眉毛が薄いままで生えてこない女性は、周辺の血液の流れが悪くなっている可能性が高く、タンパク質やビタミンなどの栄養素を摂取していても毛を作る毛乳頭や毛母細胞へと行き渡らなければ意味がありません。

 

「眉毛を濃くするために栄養素をバランス良く摂取しよう」と意気込んでいても、血液の流れが悪ければ効果は半減してしまいますよね。

 

だからこそホットアイマスクで温めたり、美容液を塗布した後にマッサージをしたりと血行を促すケアや対策を毎日の生活の中で行うべきです。

 

規則正しい生活を送る

眉毛と規則正しい生活

 

眉毛を濃くしたりまつ毛を伸ばしたりして顔の印象を良くするには、規則正しい生活を送る必要があります。

 

具体的にどんなことへと取り組めば良いのか幾つか挙げてみました。

 

  • 早寝早起きを心掛けて夜更かしを避ける
  • グッスリと眠る努力をして質の高い睡眠をとる
  • 適度に運動をして身体を動かす努力をする
  • 精神的なストレスを小まめに解消する

 

睡眠不足や運動不足を解消することで血行不良が改善され、酸素や栄養素が毛乳頭へとしっかりと行き渡れば眉毛が濃く太く成長していきます。

 

「大きな変化を得るのは難しいのでは?」と考えている女性はいますが、理想の眉毛を手に入れるためにできることは全て行いましょう。

まとめ

以上のように、サロンで眉毛エクステをしたりクリニックで植毛手術を受けたりしなくても、自宅で濃い眉毛を手に入れる方法はたくさんあります。

 

もちろん、ヘアサイクルを考慮すると短期間では変化を得られないので、美容液を塗布したりマッサージで血行不良を改善したりと複数の方法を組み合わせてケアを行うのが効果的ですよ。

 

眉毛を濃くしたりボリュームアップしたりするだけで、見た目の印象やイメージは驚くほど変わります。

 

「眉毛を抜いて生えてこなくなったから何をしても無駄だ・・・」と諦めている女性はいますが、メイク無しでも立体感のある自然な眉毛を手に入れることはできますので、是非一度取り組んでみてください。